コルセット

授乳後のバストアップについて

妊娠をして胸が大きくなったと喜んでいる女性はたくさんいます。
特に貧乳の女性にそのような人が多く、AカップがCカップになったなどと妊娠中や授乳中は喜びますが、卒乳の時期になると当然胸は元の大きさに戻ってしまいます。
ここで問題なのは前よりも胸が小さくなったり、胸がしぼんでしまうことです。
ここでは授乳後のバストアップの方法をいくつか紹介します。

個人差はありますが、授乳後にバストの崩れに悩まされる女性はたくさんいます。
妊娠をすれば母乳の準備のため乳腺が大きくなり、通常2カップくらい大きくなります。
そうなれば皮膚も伸びるため、卒乳して胸が元通りになることで、伸びた皮膚だけがたるんでしまいます。
さらに乳首が伸びて大きくなることも、胸の大きさが左右変わることもあります。

赤ちゃんを産んで母乳をあげたのだからしょうがないと言えばそれまでですが、女性はいつまでもキレイな胸をキープしたいのは当然のことです。
もちろん2番目、3番目も子供を産むためにも、旦那さんのためにもキレイな胸でいたいと思うのは当然のことです。

崩れたバストは、豊胸手術によって元に戻ることもより美しくすることも可能です。
卒乳後のバストには脂肪注入法がおすすめで、これは自分の体内にある余分な脂肪をバストに注入する方法です。
卒乳後は皮膚が伸びている分脂肪を注入しやすく、前よりもバストアップすることも可能です。
豊胸手術を受ける場合は、経験豊富で評判の良いクリニックを選ぶことをおすすめします。

しかし、豊胸手術には抵抗がある人も多いでしょう。
その場合はバストアップに効果的なマッサージやエクササイズを行うことがおすすめで、今ではインターネット上や本屋さんでもいろいろな方法が紹介されています。
お金に余裕があればエステサロンに行くこともおすすめです。
マッサージをする場合はバストアップ専用のサプリメントやクリームやジェルなどを併用することをおすすめします。

このように、授乳後に崩れた胸をバストアップさせる方法には豊胸手術やマッサージなどいろいろな方法があるので、手遅れにならないように早めに対策することをおすすめします。