コルセット

正しいサイズ測定をしよう

女性はある程度の年齢になればブラジャーを装着し、ブラジャーは女性にとってはなくてはならないモノになります。
ただし正しいサイズを測定して、自分に合ったブラジャーを正しい方法で装着しないと、胸の形が崩れてしまったり、バストアップの妨げになることもあるので注意しなければいけません。
ここではバストの正しい測定方法や正しい下着の選び方などを探っていきます。

ブラジャーのカップ数は、トップとアンダーの差で決定します。
胸のふくらみの一番高いとところと低いところの差を測ればいいのですが、この時に注意しなければ正しいサイズを計測できません。

正確なサイズを知るには、ランジェリーショップの店員さんに計測してもらうことがおすすめですが、自分で計測する場合は以下の方法で行って下さい。
トップのサイズを測る場合は、ブラジェーをつけない状態で90度身体を傾けましょう。
90度の角度でおじぎをしている状態です。
こうすることで胸のトップをきちんと立たせることができ、正確な数値を出すことができます。
この時には鏡などでチェックをして、きちんと90度になっているか、メジャーが曲がっていないかなどに注意して下さい。

アンダーは真っすぐに立った状態で、メジャーが床と平行になるようにしましょう。
こうすることで正確なカップ数を知ることができます。
立ったままの状態で計測すると、大抵はカップ数が小さくなり、自分に合っていないブラジャーを装着していることになり、それによりバストアップができない原因にもなってしまいます。

特にバストアップ対策をしている人は、定期的にしっかりカップ数を計測して、自分にぴったり合った下着に買い替えていかなければいけません。
せっかく胸が大きくなっても、正しくカップ数を計測できなければ意味のないことにもなりかねません。

このように正しい方法でブラジャーのサイズを計測しないと、自分に合っていないブラジャーを選ぶ原因になってしまい、バストアップ効果を半減させるだけではなく、胸の形を崩してしまうので注意が必要です。