コルセット

30代のバストアップケアとは?

20代の間は何もしなくてもキレイなバストを維持できますが、30代を過ぎたあたりから、これまでは違うことを意識する女性は多くなります。
30代、40代と年齢を重ねれば、胸が垂れてくるのも仕方がないと諦める人も多いかもしれませんが、しっかりケアすることで若いままの上向きのバストをキープできます。
ここでは30代以降のバストアップケアをいくつか紹介します。

最近は晩婚化が進んでいるため、30代にはじめての出産を迎える女性も多いでしょう。
また30代になると胸が垂れてくる意外にも、お肌のハリがなくなるのを感じることでしょう。
女性のバストの成長はどんなに遅くても20代の前半には終わります。
成長期にはたくさん分泌されていた女性ホルモンもどんどん減少していくので、何もしなければそれ以上胸が大きくなることはありません。

30代になって妊娠すれば、母乳の準備のために乳腺が大きくなる胸もかなり大きくなりますが、もちろん授乳を終えた頃には元に戻ってしまいます。
そればかりか胸が大きくなったことで伸びた皮膚がたるんでしまい、人によっては風船がしぼんだようにかなり見た目が悪くなってしまいます。

しかし授乳後に大胸筋の筋肉を鍛えるバストアップエクササイズをすることで、前以上にバストアップが可能になります。
もちろん妊娠に関係なく、筋肉を鍛えることで誰でもバストアップができます。

エクササイズの他にも、女性ホルモンの分泌を活発にさせる大豆などに含まれているイソフラボンなどの成分を積極的に摂り入れることでも、30代になっても胸を大きくさせることは可能で、30代であればそれと同時にお肌のハリも出すためにコラーゲンを多く含む食べ物やサプリメントなどを利用することをおすすめします。
サプリメントの他にも、バストアップに効果があるクリームやジェルや下着などを利用することで、30代でも十分に胸を美しく大きくすることは可能です。

このように、30代でもきちんとケアすることでバストアップをすることは可能です。
いろいろな方法が用意されているので、自分に合った方法を選択して早めに対策することをおすすめします。